猫背が及ぼす悪影響とは?

美しい人と言われて思い浮かぶのはどんな人ですか? スリムですっとした美しい立ち振る舞いに、優雅な仕草…そんな人ではないでしょうか? 間違っても、背中の丸まったぽちゃっとした体型…ではないですよね?? 美容面を語る上で必要不可欠なのが、「美しい姿勢」です。 モデルさんもまず最初に勉強するのが美しい立ち方。 自分を魅せるために、美しい姿勢というのはとても重要なのです。 とはいうものの…実際、美しい姿勢って難しいですよね。 昨今パソコンやスマホを使う時間が長くなってきているため、現代人の姿勢はどんどん悪くなってきていると言われています。 今日はそんな猫背を戒めるために、猫背が及ぼす悪影響についてご説明したいと思います。

見た目が美しくない

猫背=背中が丸まった状態なのはご存知の通り。 しかし、それだけではありません。 背中が丸まってしまうと、頭が下がり、顔全体が前の方へと突き出すので(腰の曲がったお年寄りのように!) 実年齢もかなり老けて見えます。 そればかりか、猫背でいると「自信がなさそう」「やる気がなさそう」といったマイナスの印象を人に与えてしまいます。

肩こりになる

よく姿勢が悪い人は肩が凝りやすいって言いますよね? これは胸にある「大胸筋」という筋肉が関係しています。 パソコンやスマホを使っているときの姿勢をイメージしてください。 猫背になり、前かがみで、首が下向きになっていますよね? この背中が丸まっている状態のときは大胸筋が縮こまっているんです。 大胸筋が縮こまった状態が長く続くと、そのままの状態でかたまってしまいます。 そうすると、大胸筋に引っ張られて、肩も内側へと丸まります。 肩が常に丸まっていることにより、肩の後ろにある肩甲骨周辺の筋肉にもストレスがかかり、その結果肩こりとなるのです。 自分の立ち姿を横から見て、肩が内側へと丸まってしまっている人は、すでにかなりの猫背であることを自覚しましょう。

便秘になる

猫背と便秘…何だかあまり関係なさそうに感じてしまうかもしれません。 便秘というのは腸から肛門まで便を運ぶ筋肉が足りずになる場合がほとんど。 男性よりも女性のほうが便秘の人が多いのは、その筋肉が弱いからです。 また猫背の人というのも、大抵の場合腹筋・背筋の力が弱く、正しい姿勢を保っていられずになります。 つまり、猫背の人=腹筋・背筋が弱い=便秘の原因、というわけです。 逆をいえば、猫背を解消し、正しい姿勢を保てるまでの筋肉を鍛えれば、自然と便秘も解消されるんですね。

デブ体質になる

デブ体質…何と恐ろしい言葉なのでしょうか・・・。 本来まっすぐであるべきものが曲がっているのが猫背なわけですから、当然、中に入っているもの(内臓)もぎゅっと押しつぶされます。 内臓は押しつぶされると思うように働けなくなり、血液の流れも悪くなります。 血液の流れが悪くなると、基礎代謝が低下します。 基礎代謝の低下=デブ!!です(涙) また血液の流れが悪くなると、体が冷えやすくなってしまうため、身体の本能で体を守ろうとするため、脂肪がつきやすくなるんです。 結果、ぽっこりお腹の出来上がり・・・というわけです。 デブ体質になってしまうと、少しの量でも体重は増えやすくなってしまうので、体型維持が難しくなってしまいます。 また血液の流れが悪くなってしまうと、同時にリンパの流れも悪くなるため、老廃物が溜まりやすく…。 ニキビなどの肌荒れの原因にもなってしまいます。 猫背というと一番に見た目が悪いというイメージですが、実はダイエットにも大敵です。 美しい人が姿勢がいいのではなく、キレイな姿勢が美しさを運んでくるのかもしれませんね。 美しさを目指すみなさん、今すぐ正しい姿勢を手に入れましょう!