チアシードになぜダイエットに効果があるの?

色々なダイエット方法が世の中に溢れる中、近年注目されているのが、チアシードやビール酵母を使ったダイエットです。 コンビニやドラッグストア、ネットなどでチアシードやビール酵母を配合したダイエットサプリをよく見かけるようになりましたよね。 ですので、チアシードとビール酵母がそれぞれどんな働きをし、どんなダイエット効果があるのかをお話ししたいと思います。

チアシードとは何か?

まず、最初にチアシードについてですが、アメリカではハリウッドセレブやミランダカーさんらがダイエットに活用している事で知名度が上がりましたよね。 チアシードはメキシコ中南部付近に自生するシソ科の一年草「チア」の種なのですよね。 チアシードはスーバーフードと呼ばれ、栄養が豊富です。 主に食物繊維やタンパク質、必須アミノ酸、必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)、ビタミン、ミネラルなどが多く含まれます。 こんなふうに含まれる栄養の豊富さもスゴイのですが、最大のチアシードの特徴は水分を吸うと10倍に膨れる事です。 見た目はカエルの卵のような感じで、ゼリーのようにプルプルしています。

チアシードがダイエットに効果的な理由

前項でもお話ししと通り、チアシードは水分を吸収すると膨張します。 ですので、私たちの胃にチアシードが入った時にチアシードは胃の中で膨れ上がるのですよね。 この作用が満腹中枢を刺激し、私たちは満腹感を感じる事になります。 例えばチアシードを食前に摂ったらどうでしょうか?チアシードによって満腹感をある程度感じますから、その後ドカ食いしてしまうような事を防げるわけです。 特に女性は、失恋や仕事のストレスが引き金となって食べる量がものすごく増えてしまう事がけっこうありますよね。 そのような時にはチアシードが効果的なわけです。 こんなふうにチアシードがドカ食いを事前に防ぐだけでなく、栄養も豊富に含まれているので、栄養不足も防ぐ事ができるんですよね。

チアシードダイエットをする上での注意点とは?

ここまでのお話しで、チアシードってスゴイなと思ったかもしれません。 ただ、万能薬にも思えるチアシードも摂り方を間違えると効果が失われます。 例えば、私たちの体内に存在する「酵素」の働きを阻害する事にもなり得ます。 酵素とは食べ物を分解して柔らかくしたり、代謝の起点になる物質で、私たちが生きる上で必要不可欠なものです。 チアシードはそもそも「種」なので、この種の部分に酵素を阻害する物質が入っています(生のアーモンドやビーナッツなどにも酵素阻害物質は含まれます)。 この酵素阻害物質を除去するには、水に12時間以上浸すことが必要とのことです。