「副作用に要注意」サプリメントの上手な使い方

「副作用に要注意」サプリメントの上手な使い方

近所のドラッグストアでも、コンビニでも、インターネット通販でもサプリメントは売られています。 内容もさまざまで、ダイエットに関するものや、肌荒れの効果があるというもの、目のピント合わせに効果がるものなど、たくさんあります。 しかし、これらのサプリには本当に効果があるのでしょうか?

サプリメントは薬ではない

まず、大前提として思いにおいておかなければならないのが、サプリメントは医薬品ではないということです。 しかし、サプリメントの中には効果・効能を宣伝しているとも受け取れる宣伝の仕方をしているものもあります。 サプリは厚生労働省から効果・効能が認められているものの対象ではないので、本来であれば効果・効能を謳うことはできません。 こうしたサプリメントは、薬機法や景表法違反として扱われる可能性があります。 だいぶ最近では淘汰されているようですが、まだまだこのような問題はサプリメント業界では多いのです。 このような背景があり、サプリメントを購入する人の中には、「これを飲めば痩せる」とか、「これを飲めばお肌がキレイになる、若返る」などと思いこんでしまう人も多いようです。 しかし、サプリメントは食品ですから、体に何か衝撃的な変化を与えるものではないのです。 まずその点について、しっかり理解しておきましょう。

サプリメントでも副作用はあり得る

サプリメントを使用する上で、思いに留めておきたい2つ目のこととして、サプリメントにも副作用があり得るという点です。 例えば、抗がん剤などは髪の毛が抜け落ちるという副作用があります。 医薬品の中にはその効き目の強さから副作用が伴ういものもあるのです。 しかし、サプリは医薬品でないことから、副作用はないだろうと思っている人は多いですが、実はサプリメントに副作用は生じ得ます。 サプリが原因と考えられる過去の副作用の事例は、調べるとたくさんあるのですが、中には脂肪事例もあるほどです。 そもそもサプリは、食品ではあるのですが、食品に含まれる栄養を濃縮したものなので、特定の栄養価が非常に高いのです。 ですので、普段食事から摂取する栄養に加え、サプリを使用することで栄養が上乗せされるわけですから、栄養過多になる恐れがあります。 こうした栄養過多が副作用を引き起こす可能性があるのです。 このようなことから、サプリの使用は管理がとても重要になってきます。