ダイエット効果抜群!腸内で短鎖脂肪酸を増やそう

近年、腸内環境の改善が痩せる体質を作る事が知られるようになり、腸内環境を良くする健康食品や飲料がたくさん市販されるようにもなってきました。 ヨーグルトはその代表格で、朝食をヨーグルトに置き換える人も増えてきたようです。 しかし、中には腸内環境を整えるとされる食品や飲料を飲んでも、なかなかダイエット効果までは至らない人も多いのが現状です。

ダイエットに効果的なのは「痩せ菌」増やすこと

もちろん、腸内の善玉菌を増やす事自体、ダイエット効果が期待できます。 ただ、腸内に存在する菌の中で、最も「痩せる」を促進するのは、「B型」とされる菌なのです。 このB型の痩せ菌は人によって全然数が違います。個人差が大きいという事です。 ですので、腸内にB型の痩せ菌が多い人は痩せやすい体質で、B型の菌が少ない人は太りやすく痩せにくいという形になります。 これを聞くとあなたは、「生まれ持った遺伝のようなモノだから、対処のしようがない」と思う事でしょう。 しかし、このB型の痩せ菌は食生活の改善で効果的に増やす事ができるのですよね。

短鎖脂肪酸を効果的に摂取して痩せ菌B型を増やそう

では、具体的にどのように痩せ菌B型を増やせるのでしょうか? 単純に痩せ菌B型のエサとなるものを食事から体内に獲り入れて、痩せ菌B型を増殖させれば良いのです。 痩せ菌B型がもっとも好物にしているのは、「短鎖脂肪酸」という物質になります。 だた、短鎖脂肪酸は直接食べ物から摂取するのは難しいので、短鎖脂肪酸を体内に増やす作用のある食品を摂取するという形になるのですよね。

短鎖脂肪酸を増やす食品とは?

では、具体的に短鎖脂肪酸を増やす食べ物とはどのような食べ物なのでしょうか? それはひと言で言う「食物繊維」です。 ただ、食物繊維とひとく口で言っても、食物繊維には・・・ の2種類あります。水溶性食物繊維とは、水に溶ける食物繊維、反対に不溶性食物繊維とは水に溶けにくい食物繊維です。 このうち、短鎖脂肪酸を増やす効果が高いとされているのが、「水溶性食物繊維」なのですよね。 具体的には下記のような食品が水溶性食物繊維です。 などです。 これらは水溶性食物繊維が豊富に含まれるので、普段の献立にコンスタントに組み込むと良いでしょう。 そうすることによって、体内の短鎖脂肪が増加し、それが痩せ菌B型のエサとなり、その先にダイエット効果が期待できるわけですね。