酵素入りスムージーの効果を高める方法とは?

今、若い女性を中心に人気の酵素入りスムージー。多くの場合、野菜や野草、穀物などを発酵させたものをスムージーにしたものです。 現代人は忙しい為、十分食事の時間が確保できなかったり、外食などが多い為栄養のバランスが悪かったりするので、手軽で栄養価の高いスムージーが人気を後押ししたのだと思います。 ほとんどのスムージーには、野菜などが発酵された時に生成される酵素が含まれます。 この酵素はダイエットや美容、健康に影響大なのですが、その一方で、酵素の特徴をきちんと理解していないと、効果が期待できません。

まず、酵素とは何かを理解しよう

“酵素”とは何か?と言われても、実態が何なのかをきちんと説明できる人は少ないです。 酵素とはタンパク質の一種です。 酵素は必要な時に必要な器官から分泌され、デンプンなどの“基質”と呼ばれるものと結合する事によって化学反応を起こし、その結果、内臓が動いたり、呼吸ができたりします。 例えば、食べ物を口に入れると、唾液アミラーゼと呼ばれる酵素が分泌され、食べ物を分解する働きをします。 また、胃ではペプシン、膵臓ではトリプシン、腸ではリパーゼと呼ばれる消化酵素が分泌されます。 私たちがスムージーとして摂る酵素は、これら消化器官で分泌される消化酵素と似た働きをするわけです。 要するに、食べ物を分解して消化しやすい状態にするのです。

酵素の特徴①活性温度がある

酵素は現時点で5,000種類くらい存在すると言われています。 この5,000種類の酵素は1個1個、個性がバラバラで、特徴が違うのですが、基本的に温かい温度の時に活性するとされています。 酵素の種類によって微妙に違うのですが、48℃を超えると酵素は活性を失うようですし、逆に低い温度でも活性しないようです。 酵素は生命体ではありませんが、好きな温度があるわけです。その点では細菌と同じです。

酵素の特徴②酵素を阻害する物質がある

酵素には“天敵”が存在します。 病原菌を退治する細菌が存在するように、苦手とするモノがあるのです。それは「酵素阻害物質」とか「酵素抑制物質」などと呼ばれます。 これらは、酵素の力を弱めたリ、働きを邪魔したり、酵素を大量に消費してしまうものです。 例えば、生の豆類(アーモンドやピーナッツなど)や豆乳、豆腐、食品添加物などがそれにあたります。 また、アルコールや消化の悪いお肉は酵素を大量に消費させます。

酵素入りスムージーの効果を最大限に引き出すポイント

これまで、酵素には活性温度がある事、阻害物質がある事をお話ししてきましたが、酵素スムージーをダイエットや美容目的を飲む場合、これらの知識が役に立つわけです。 スムージーは冷やして飲まない事、そして酵素を阻害する食品を一緒に食べない事ですよね。 スムージーを飲むなら最低限これらの事には気を付けるといいですね。